弁護士 話し合い

費用がかかる債務整理のメリットとデメリット

債務整理は債権者との話し合いとなる任意整理を除けば、何らかの費用がかかります。弁護士に依頼をする際でも同様で、債務整理の依頼を弁護士で行えば手続きの内容や債権者の数によって弁護士費用がかかります。

 

弁護士に費用をかけて債務整理を行うのはメリットもデメリットもあり、デメリットから言えばやはり自分で進めるよりも高いお金が必要となる点です。自己破産の場合には20万円や30万円程度かかる場合もあり、どうしても負担が大きいと考えてしまいます。

 

しかし、債務整理の弁護士依頼におけるデメリットはメリットによって相殺もされます。と言うのも、弁護士に債務整理の依頼を行うと面倒な手続きは全て任せられるので、債務整理に関する知識が無くても問題なく借金の整理ができます。

 

また、債権者との話し合いになる任意整理においても弁護士に依頼を行った方が借金の減額に期待ができるため、債務整理をスムーズに確実に進めたいのであれば費用がかかるとしても弁護士に依頼をすべきとも言えます。

 

今現在は手元にお金が無くて債務整理の依頼ができないと悩んでいる方も、多くの弁護士事務所では債務整理費用の支払いに関しては後払いや分割での支払いも可能としています。

 

今はお金が無くても安心して債務整理の依頼が行えるので、まずは相談をしてみると良いでしょう。