弁護士 話し合い

交通事故示談についても弁護士にお任せ

主に被害者の立場としてですが、弁護士は交通事故の示談に関する内容の相談も受け付けている場合が多いです。交通事故の被害者となってしまうと慰謝料の請求で何かと困ることがあります。

 

示談は多くは保険会社を相手にして行うのですが、保険会社はできることなら示談での金額を抑えたい、慰謝料は少なくしたいと考えるため、あれこれと過去の事例を持ち出して金額を少なくしようとしてきます。

 

しかし、保険会社が出してくる事例はほとんどが保険会社にとって有利となるものばかりのため、示談をうまく進めないと言いくるめられてしまい、結果として被害者側が損をしてしまうのです。

 

そこで頼ってみたいのが弁護士です。弁護士に交通事故示談の依頼を行えば被害者側が最大限有利になるように進めてくれるため、得られる慰謝料の金額も多くなります。弁護士に依頼をすると費用はかかりますが、弁護士費用を差し引いても得られる慰謝料額は多くなるケースがほとんどのため、交通事故の被害者側が損をすることはほとんどありません。

 

そればかりか、慰謝料だけでなく今後の怪我の治療費に関しても弁護士に依頼をした方が確実に獲得ができるため、交通事故の被害に遭ってしまったらまずは弁護士に相談を行うようにしてください。

 

相談時点であれば無料とする弁護士も多いので、話を聞くだけであればお金は必要ないので安心です。